スパイラルへ通い始めて、まだ一年も経っていませんが、私達家族にとって大きな変化がありました。
 まず二年生の息子は、戦法や囲い等の専門的なことについて教えてくれる程までになりました。私の知識では、ほとんど理解できませんが、いつも嬉しそうに話してくれます。父親と詰め方や感想戦を話す所は、二年生とは思えない話しぶりで感動すら覚えます。 
 そして兄に感化され、年長の娘も三ヶ月程前から通うことになりました。最初は棋譜も知らず、親が付いていないと恥ずかしがって喋ることすら難しい状況でした。そんな子も今では兄と二人で通い、簡単な一手詰めが解ける程になりました。子どもの吸収力と成長速度には、ただただ驚かされるばかりです。
 更に子ども達が楽しそうに教えてくれるので、私自身も将棋を少し覚えることができました。今では、家族四人で将棋の話をしたり、対局したりと、我が家にとって将棋がコミュニケーションツールの一つになっています。
 スパイラルへ通い、年齢も校区も異なる人と交流し、子どもの世界が広がったように感じます。まだ七歳の子が夢中になる事を見つけ、自分なりの目標を持ち、それを共有できる人がいる・・・。そんな経験ができることは本当にスゴいと思います。まだまだ二人共小さく、これからどうなるかは分かりませんが、可能な限り応援していきたいです。
 そのような貴重な経験をさせてくれるスパイラルを、支えて下さっている嶋村さんやサノ先生、大人の方々には感謝ばかりです。あの場所が無くなってしまうのは残念でなりませんが、子ども達が残りの時間を満喫できればと思います。

小2母)

---------
ああ嬉しい。ありがとうございます。
私も息子をスパイラルへ通わせ始めたころ、同じような感想を持ったことを思い出します。
親の知らないことをどんどん覚えていく息子。
息子自身もそんな自分が誇らしそうだったし、私もそんな息子が誇らしかったです。
将棋なんて、息子が始めるまで私の人生に1ミリも存在していなかったので(笑)、
息子が私に新しい世界を見せてくれるようでした。



年長の娘さんから、作文ではなく「嶋村さんへのお手紙」を頂きました。
IMG_6870

しまむらさんへ
すパイラルはたのしいです。
こまおちするときとしないときがあります。
おに(い)ちゃんおねえちゃんがこまおちをするとうれしいけど、
(自分の名前)がこまおちするときはがんばるぞっておもいます。
つよいひととかにかてるようにがんばりたいです。



かわいいおてがみをありがとう!
これからもがんばってね!しまむらさんもおうえんしています。