みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
スパイラルも開けられず、シマムラは寂しい毎日です。
大会が中止になる案内も多くて辛いのですが、
新木さんが大学将棋ネット団体戦を参考に新しい大会を提案してくれました。
締め切りまであっという間ですが、
ゴールデンウィークの楽しみに、是非ご参加ください。

(初めての試みなので、今回はスパイラルの支部会員のみで行います。
うまくいけばもっと対象を広げて、第2回、第3回と続けていけると良いですね(^^))





--------------

スパイラルネット杯

【日時】

Day1:2020/5/4(月)13:00~予選
Day2:2020/5/5(火)13:00~決勝トーナメント
※参加人数によって変更となる場合があります


【大会ルール】
スパイラル支部会員のみ参加可能
・級位者の部と有段者の部の2クラス 各クラス総平手戦とします。
・参加料=1人500円(電子マネーPaypay推奨)
・賞品 QUOカード送付(支部長提供)
有段=優勝3千円、準優勝2千円、三位千円 
級位=優勝2千円、準優勝千円、三位500円
将棋倶楽部24にて対局(アカウントの作成およびネット環境が必須となります)

【対局ルール】
・持ち時間 
予選=持ち時間 早指し21(1手30秒 考慮時間60秒)
決勝T=持ち時間15分秒読み60秒

・千日手について 
開始20分以内に生じた千日手の場合はルールそのままで指し直しを行う。
20分以上経過後の千日手については、持ち時間を早指し1(持ち時間1分秒読み30秒)に切り替えて指し直し。
千日手2回は抽選による決着とする。

・持将棋 27点法を採用

・超手数となった場合
電王戦で採用された「256手規制」を参考にする。256手を過ぎた時点で
①双方、もしくは片方が入玉している場合→27点法に基づいて計算する。
②双方入玉していない場合、かつともに入玉の見込みがない場合→運営による判定
なお、これは双方の玉に即詰みが存在しない場合のみ適用され、
どちらかの玉に即詰みがある場合はこの限りではない。
また、終局後に即詰みが判明しても対局結果は覆らないものとする。

着手ミス(クリックミス)について 
そのまま続行する。

・回戦落ちについて
回線落ちが起こった際、フリー対局室では中断局面から再開することが出来ません。
そのため、接続切れは即負けとします。
回線が気になる方は運営までアカウント名を伝え、スマホで対局することも可能。


・対局後
終局後、対局者は速やかに運営まで対局結果を報告すること。
対局結果は随時、グループLINEやブログで照会することとする。


【ログインについて】
「ゲスト」のチェックボックスにチェックをいれてゲストログインすること。
ゲストログインする際、段位は「三段」に設定すること(先後をランダムにするため)。
※上記手順はPCでしか行えないため、各自PCで対局すること。
 当日、やむを得ない事情でスマートフォン等からしか対局できない場合、個人アカウントで対局することも可能だが、
そのような場合は速やかに運営へ申し出ること。


・ユーザー名について
名前もしくはニックネームを入力すること(ニックネームを使用する場合は運営に申し出ること)


【エントリーについて】
エントリー日時:5/2(土)23:59まで。LINEもしくはメールにて受付。
(メールは spiral_shogi@outlook.com  まで。シマムラの個人LINEをご存じの方はそちらまで)
抽選会:5/3(日)18:00 Zoomにて行う。閲覧可能。


【諸注意】
・時間厳守。やむを得ない事情で対局開始時間に間に合わないなどの連絡があった場合を除き、
対局開始に10分遅刻した時点で不戦敗とする。
・【ログインの仕方】で述べたとおり、本対局はPCを用いて行う。
円滑に対局を行うため、事前にPC本体や利用環境の確認を行うこと。
・不正が発覚した場合、内容に応じて結果の訂正を行う。